SIDS(シズ)予防活動・応急手当普及活動をしています

赤ちゃんを突然死から守るために

あなたはシズ(SIDS)を知っていますか


東京女子医科大学 母子総合医療センター教授 仁志田 博司先生
(現在、東京女子医大名誉教授、慈誠会病院名誉院長
北里大学客員教授・ 東海大学客員教授、財団法人仁泉会医学研究所顧問)

(公明新聞 1998年5月20日〜7月31日 17回連載)
  1. シズってどんな病気?
    睡眠中、眠り続けるように…8割が生後6ヶ月までに起こる。(1998年5月20日掲載)
  2. いつ、どこで、どのように?
    1年中、1日中、いつでも。2/3は家庭で、1/3は保育所や病院。(1998年5月25日掲載)
  3. シズは新しい病気か
    有史以来、重要な病気の1つ。現代病や新しい奇病ではない。(1998年5月27日掲載)
  4. シズの家族の悲しみ
    悲しみ、自責の念、”白い目”・・・。(1998年6月1日掲載)
  5. 不意に失われた命(1)
    定期検診では「異常なく順調」。警察から”罪人扱い”された人も。(1998年6月8日掲載)
  6. 不意に失われた命(2)
    何年も続く保育所との裁判。謝罪から一転、”ミスではない”。(1998年6月10日掲載)
  7. シズと育児環境
    「うつ伏せ寝」にシズが多い。予防キャンペーンで発生が半減。(1998年6月17日掲載)
  8. うつ伏せ寝との関係(1)
    危険因子であることは事実。だれかがそばにいる育児環境を。(1998年6月25日掲載)
  9. うつ伏せ寝との関係(2)
    遅れる「音に対する覚醒反応」。元気な子どもには好ましくない。(1998年7月1日掲載)
  10. どんな子供がシズに
    シズは赤ちゃんの”宿命”。どの子どもにもリスクはある。(1998年7月2日掲載)
  11. シズを少なくするために
    なりにくい育児環境をつくる。生活スタイルを変えると減少。(1998年7月10日掲載)
  12. ホームモニターの使用
    アラームで異常を知らせる。シズ防止に効果、専門医に相談を。(1998年7月16日掲載)
  13. アルテという病気
    シズに似ている”危急事態”。状態が悪くても救命できる疾患。(1998年7月22日掲載)
  14. シズやアルテが発生したら
    抱き起こして背中を刺激する。その後、鼻から息を吹き込む。(1998年7月23日掲載)
  15. SIDS家族の会
    子を失った家族をサポート、知識の啓蒙や研究への参加も。(1998年7月27日掲載)
  16. 行政の対応は
    厚生省が聞き取り調査実施。東京都は既に1千万円の対策費。(1998年7月29日掲載)
  17. 最後に
    こわい病気ではありません。注意点を守り、子育てを楽しんで。(1998年7月31日掲載)