SIDS(シズ)予防活動・応急手当普及活動をしています

書籍のご紹介

「学校って安全? 緊急時の学校での連絡体制」

市立秋田総合病院救急診療部 円山啓司
月刊「健」2015年8月号  日本学校保健研修社
  (「健」編集部の承諾を得て転載しております)


PDFファイル

119番通報時に応急手当の方法を電話を通じて指導する通信 指令課員による口頭指導がわが国でも広く行われています。 最近の携帯電話にはハンズフリー(スピーカ機能)がついてい ます。この機能を音量を上げて、使えば、電話を床に置いても 話をすることができますので、より応急手当てを速やかに行われる可能性があります。 電話スピーカ機能を上手に使って、ご家庭をはじめ、他の救急 現場でも活かせて頂ければと思います。

「子どもとねむり」(乳幼児編)

乳幼児の睡眠と生活リズムの大切さ、睡眠と脳の関係など、分かりやすく書かれております。

1,365円−三池輝久 メディアランド

「睡眠中の保育を見直そう」〜SIDS・窒息事故を防ぐために〜

大阪保育運動連絡会 健康管理部会編集  監修 春本常雄(小児科医)               

200円−大阪保育運動連絡会・大阪保育研究所
電話06-6763-4381・FAX 06-6763-3593

「職種別SIDSに対応するためのガイドライン あなたがSIDSに出会ったら」

SIDSの基礎知識、家族のサポート、SIDSが発生したときに関わる可能性のある専門職種(救急隊員、医師、看護婦・助産婦、保健婦、警察官、周囲の人、保育士など)の方々の為のガイドライン、SIDS関係資料について書かれております。保育施設でも是非、常設して皆様に読んで頂きたいガイドラインです。  

頒布価格:1000円−SIDS家族の会

「ゆりかごの死」乳幼児突然死症候群(SIDS)の光と影

1,800円− 阿部 寿美代−新潮社

「乳幼児の事故と保育者の責任−公立と私立では保育者の責任はどうなるか」

弁護士の立場、ご経験から乳幼児の事故に関して各地の保育団体等でご講演をされておられます。保育施設、幼稚園、学校での事故予防に対する取り組み、事故等が起こった直後の対応等ご参考になります。(SIDSについてもふれられておられます)
高野 範城− 創風社−1,500円+税

電話 03-3818-4161・ FAX 03-3818-4173


「母子保健情報 第53号CurrentInformationofMaternal&ChildHealth」

特集:乳幼児突然死症候群(SIDS)−その歴史と現状−

お申込み先:社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会事務局経理部会計課
電話:03-3473-8313、FAX.:03-3473-8300

頒価\2,000円(送料込)


「乳幼児突然死症候群とその家族のために」


1,400円−仁志田 博司−東京書籍

「保育園での事故・突然死」

大阪保育研究所編集

現在、出版されれておりませんが、アマゾンなどで中古本を購入できる場合があります。

「保育のなかの事故」保育指導シリーズNO.8

全国保育園保健師看護師連絡会 出版
全国保育園保健師看護師連絡会 メール zh-hk-r@xj9.so-net.ne.jp
FAX 03-6676-9991

2,000円

L.S.F.A.Children's「こどもの事故と応急手当」

吉田一心、伊東和雄 医学監修 荻野隆光、石松伸一
(有)マスターワークス TEL:055-925-6639・FAX 055-925-7677

2,100円

「家庭的保育の基本と実践」家庭的保育基礎研修テキスト

家庭的保育研究会 編集、協力:NPO法人 家庭的保育全国連絡協議会
書籍に関する、お申し込み・お問い合わせ
FAX 045(489)6115 メール info@familyhoiku.org

出版社:福村出版 2,520円(送料別途)